プロペシアの副作用

MENU

プロペシアの副作用

プロペシアは有効な薬ですが、有効性と同時に副作用があるのは致し方ないですね。

 

正しい用量を正しく服用している分には副作用を避けることは出来るとは言われていますが、薬がどういう影響を及ぼすかは体質によって個人差が大きい部分です。

 

またプロペシアは誰もが長期間服用するものですから、どこかのタイミングで突然副作用が現れて来る可能性もあります。もし違和感を感じたらすぐに医師に相談して、どのように対策していくか検討しましょう。

 

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は、男性の性機能に対して起こることが非常に多いです。
そもそも男性ホルモンに影響する作用があるわけですから当然でしょう。

 

元となったフィナステリドが前立腺肥大症の治療のために開発されたものですから、最初から性機能には影響の大きい薬です。性欲が減退したり、勃起不全、精子減少など、機能障害が副作用として現れることがあります。

 

また、頭痛がしたり、腹痛がしたり、動悸や息切れ、皮膚のじんましんなどが出る場合もあります。

 

軽い症状であっても、プロペシアを飲み始めて以降現れる変調に関しては医師に相談しましょう。かなり軽度であればそのまま投薬続行となる場合もありますし、一時的に服用をやめて様子をみることになるかもしれません。

 

プロペシアの副作用が出る確率

プロペシアでこうした副作用の現れる確率は、全体の5%です。

 

副作用に関しては言葉で表現されることが多いので、それが多いのか少ないのかわかりにくいですよね。一般的な薬で、「まれに」現れる場合は0.1%未満、「ときに」現れる場合は0.1以上5%未満です。

 

そう考えると、プロペシアの場合はそれ以上ですから、比較的現れやすい副作用と考えられます。

 

早い人でも3ヶ月、遅い人では1年かかってようやく効果が出て来ると言われる薬ですから、長く使うためには副作用も無視していられる場合ではありません。

 

プロペシアは病院で処方してもらうとなると1錠が300円前後もする高い薬ですから、これを長期に服用するのにマイナスは避けて通らなければいけません。お金を払って我慢して、最終的に損をするようなことのないようにしましょう。