フィナステリド錠と併用したいミノキシジル

MENU

フィナステリド錠と併用したいミノキシジル

フィナステリド錠だけで男性型脱毛症(AGA)の対策をおこなうのも悪くはないのですが、ミノキシジルをセットで使ったほうが効率がいいでしょう。

 

ミノキシジルとは何か

ミノキシジルは毛母細胞に直接作用し、血管を拡張させて血流を促す成分のことをいいます。
血液の流れがよくなることによって、より多くの栄養が毛根に届くようになります。

 

十分に毛根へと栄養が運ばれるようになると、髪の毛の成長が促進される効果が得られるのです。外用薬と内服薬の2種類があり、ミノキシジルが配合されているOTC医薬品はドラッグストアでの購入も可能(リアップがミノキシジル配合)となっています。

 

ミノキシジルに副作用はあるの?

ドラッグストアで販売されている外用薬の場合、頭皮のかゆみ、炎症、湿疹、脂漏性皮膚炎、倦怠感、眠気、頭痛、体重増加、浮腫といった副作用が引き起こされる可能性があります。

 

また、一部医療機関などで取り扱われている内服薬に関しては、多毛症、低血圧、倦怠感、動悸、めまいといった症状が副作用としてあらわれる可能性があるでしょう。

 

使用してはいけない人はいる?

内服薬に関しては不整脈や心臓疾患、褐色細胞腫の人などは使ってはいけないことになっています。

 

また、市販されている外用薬に関しても、アレルギーのある人や甲状腺疾患の人、65歳以上の人などは使わないほうがよいとされています。ほかにも使用に適さない人が商品により決まっていますので、事前にしっかりと確認することが大切です。

 

ミノキシジルの効果は持続するの?

フィナステリド錠は服用をストップすると再び抜け毛や薄毛が進行してしまいますので、男性型脱毛症(AGA)の症状に悩まされたくなければずっと使い続けなくてはいけません。

 

ミノキシジルの場合はどうかというと、フィナステリド錠と共通していて使用をやめると元の状態に戻ることになります。したがって、フィナステリド錠とミノキシジルを併用する場合には、両方とも継続的に使用していかなければなりません。