ミノキシジルの種類は?

MENU

ミノキシジルの種類は?

ミノキシジルが含まれている商品としては、正規品やジェネリック医薬品などがあります。
また、内服薬だけでなく外用薬もありますので、自分に合ったものを選びましょう。

 

ミノキシジルの正規品

正規品としてはアメリカのファイザー社から発売されたロニテンを挙げることができます。
1箱100錠入りで、5mgタイプが8,000円程度、10mgタイプが10,000円程度で販売されています。

 

正規品という安心感はあるものの、費用負担はもっとも大きくなってしまいます。病院で処方してもらう場合には初診や再診のための費用などがかかりますので、ひと月あたりの費用負担はより大きなものとなってしまうでしょう。

 

ミノキシジルのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は開発コストがかかっていないぶん、低価格で購入できるところが魅力的です。

 

タイのTO MED社から発売されたノキシジル、アメリカのMutual Pharmaceutical製のミノキシジルタブレット、インドのインタスファーマ社から発売されたロニタブなどが代表的です。

 

ロニテンの半値以下で購入できるものも多く、男性型脱毛症(AGA)対策にかかる費用負担を大幅に軽減することができます。とくにフィナステリド錠と併用する場合には出費がかさみますので、ジェネリック医薬品のように安価で購入できるものがあるのは嬉しいところではないでしょうか。

 

また、医療機関に行く必要がないため、そのぶんの費用が浮きますし、人に見られることもなく、だれにも知られずに対策をしたい人にとってもよいでしょう。

 

ミノキシジルの外用薬

国内で市販されているものとしてはリアップが代表的ですが、リアップX5を例にとると最安値でも7,000円程度かかります。海外のものだと半額以下のロゲイン、ロゲインのジェネリックであるカークランド、ポラリス、ジェンヘアー、ツゲインなど、安いものが多くあります。

 

塗布するタイプのものを購入する場合、費用負担を軽くしたければ海外製品や海外正規品のジェネリックを検討するのもよいのではないでしょうか。