フィンペシアとは?

MENU

フィンペシアとは?

AGAに関する薬で、フィナステリドとかプロペシアとかカタカナばかりが出てきますが、もう一つフィンペシアという薬があります。

 

これはなにかと言えば、正確には「プロペシアと同等の効果を持つ薬」ということになります。
どちらもフィナステリドが1ミリグラム含有されていますので、成分も飲み方も変わりません。

 

だったら普通にジェネリック医薬品と言えばいいじゃないかと思うかもしれませんが、正しく言うとフィンペシアはジェネリック医薬品ではありません。

 

というのも、現在プロペシアの特許が切れているわけではなく、ジェネリック医薬品が正式に作れるようになるのは2019年以降になるからです。フィンペシアを作っているのがインドの会社で、インドは自国内の特許法で製薬工程にしか特許を適用していないので、作れてしまうようです。

 

作っているシプラ社はインドでも非常に大手の製薬会社で、他にもジェネリック医薬品を世界的に多数製造している会社ですから、別に怪しい製品ではありません。

 

逆に考えれば、2019年を過ぎれば正式にプロペシアの特許が切れるわけですから、それ以降は他の製薬会社もこぞってこの薬を作りはじめることが考えられます。

 

今よりもずっと安いAGAの薬が出回ることになると、世界中で助かる成人男性が増えそうですね。

 

フィンペシアの飲み方と効果

フィンペシアにはプロペシア同様フィナステリドは同じだけ含まれていますので、服用の仕方も同じです。1日1回、どのタイミングでも良いので1錠飲むことになります。

 

フィンペシアの場合臨床データが見当たらないので、プロペシアの臨床データを参考にするしかないのですが、1年間の服用で60%の人に発毛が見られ、40%の人に進行のストップが確認出来たといいます。その後3年、5年と発毛割合はアップして行きますので、これと同じような効果が期待出来るでしょう。

 

それにしても、3年も5年も服用を続ける必要があると思えば、確かに藁にもすがる思いで安い薬を求めたくなりますよね。でも、間違っても偽物を掴まされるようなことのないよう注意してください。