フィナステリド錠の効果

MENU

フィナステリド錠の効果

フィナステリド錠は男性型脱毛症(AGA)の治療薬として使用されているものです。

 

そのため、期待できる効果はズバリAGAの改善です。ただ、どうしてフィナステリド錠で男性型脱毛症が治るのか、仕組みが知りたいという人もいるのではないでしょうか。

 

男性型脱毛症(AGA)の原因

遺伝のほかに生活習慣の乱れ、ストレス、男性ホルモンなどの影響で、髪の毛が抜けたり薄くなったりします。中でも男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が主要な原因と指摘されているのです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)とは?

前述したとおり、ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種ですが、これは睾丸から分泌される男性ホルモンのテストステロンが、還元酵素の5αリダクターゼにより変換されて生じるのが特徴。

 

このジヒドロテストステロンには毛細胞の機能を弱体化させる作用があり、抜け毛や薄毛をひどくしていってしまいます。

 

フィナステリド錠がどう効く?

5αリダクターゼにより男性ホルモンのジヒドロテストステロンが生成されると抜け毛や薄毛が進行してしまいますが、フィナステリド錠がこの還元酵素を抑制する作用をもたらしてくれます。

 

還元酵素の作用が阻害されることで、AGAの原因となるジヒドロテストステロンがつくり出される量が減少し、健康な髪の毛の成長をサポートしてくれるのです。

 

フィナステリド錠はすぐに効く?

フィナステリド錠は一朝一夕で効果が出るものではなく、早い人の場合は3ヶ月ほど、遅い人の場合は半年ほどの期間が効果が出るまでかかります。

 

また、人によってはAGAの改善効果がみとめられない場合があります。
継続してフィナステリド錠を使用し、地道に抜け毛や薄毛を減らしていかなければなりません。

 

フィナステリド錠の使用をやめるとどうなる?

使用を中止した場合には、また抜け毛や薄毛が進行するようになってしまいます。
ずっとやめたままにしておくと、いずれは使用開始前の状態に戻ってしまうのです。