フィナステリド錠の費用は?病院と個人輸入を比較

MENU

フィナステリド錠の費用は?

フィナステリド錠を使用して男性型脱毛症(AGA)を改善したいと希望している人は多いはずです。

 

ただ、その前に費用のことが知りたいと思っている人もいることでしょう。
フィナステリド錠は入手方法や商品の種類によって費用負担が異なります。

 

病院・医療機関で入手する場合

皮膚科やAGAの治療院などの医療機関で処方される場合、フィナステリド錠だけで1箱(28錠)8,000円程度の費用がかかります。

 

また、薬以外にも診察や検査、治療のための料金がかかりますので、ひと月10,000円〜20,000円以上かかるところも少なくありません。フィナステリド錠の購入が目的であれば、医療機関の処方がもっとも費用負担が大きな入手方法であるといえるでしょう。

 

海外のフィナステリド錠を購入する場合

フィナステリド錠は国産のものだけでなく、アメリカやイギリス産のものもあります。

 

国外産のフィナステリド錠は製造されている国と工場が別というだけで、何か錠剤に大きな違いがあり、効果に差が出るというわけではありません。

 

にもかかわらず、1箱(28錠)5,000円程度の費用で購入することが可能となっているのです。

 

さらに医療機関に行く必要がなく、インターネットからの注文が可能なため、初診や再診のための費用もかかりません。海外のフィナステリド錠の場合には、ひと月病院の処方のケースと比較して半分以下の費用負担に抑えることができるのです。

 

ジェネリック医薬品を購入する場合

後発医薬品の場合には、国産や海外産のフィナステリド錠より安く購入することが可能です。
ものにもよりますが、1箱2,000円程度、3,000円程度のものも珍しくありません。

 

また、これも商品により違いがありますが、100錠入りのものなどもあります。

 

費用負担の大きさでいえば、ジェネリック医薬品のフィナステリド錠がもっとも軽いといえるでしょう。なお、フィナステリド錠のジェネリック医薬品も病院に行って処方してもらう必要がありません。国内で承認されているのはプロペシアのみです。