AGA対策の方法

MENU

AGA対策の方法

AGAだとわかっても、頭皮を見た時に産毛のような細い毛がちゃんと生えている場合、あきらめる必要はないのです。要は、その細い細い生まれたての髪の毛が、強く太い通常の髪の毛へと成長出来る環境を整えてあげれば良いのです。

 

この短くてやわらかい毛が抜けてしまうことで、頭髪がどんどん薄くなってしまいます。
進行は比較的ゆっくりですが、早急に手を打つ必要があります。

 

AGA対策は個人でもいろいろな手段を試している人がいますが、まず専門医の診察を受けて、自分が本当にAGAなのかどうか、どのような治療が正解なのかを知らないことには、手の打ちようがありません。治療出来るようになったとは言え、やはり簡単な治療ではありません。

 

皮膚科などで薬を処方してもらっても、結果に満足出来ないという人があらためて専門病院を訪れるというケースがとても増えていると言います。

 

CMや広告によって医師の元へ訪れる人は増えているようですが、やはり専門医でなければ本当の治療は出来ません。中には、髪の毛自体の本数は増えていても、薄毛の悩みが解消出来ないと感じて専門医に相談するケースもあると言います。

 

つまり、単純に髪の毛が生えた、というだけで薄毛が解消出来るというわけではないのです。
これは真剣に考えなければいけない点です。

 

悩みとしては、今後どのようになるのか、治療はどこまで行えるのかといったもので、これはカウンセリングでしっかり解消しなければいけない点です。ただ単純に広告に踊らされて、自分で薬だけを飲んでいても解決は出来ないということでしょう。

 

日本皮膚科学会が2010年に「男性型脱毛症治療のガイドライン」というものを出していますが、その中で一番最初の第一選択としてフィナステリドの内服とミノキシジルの外用というものがあります。

 

ただ、ミノキシジルは血管を拡張する効果があるために、心臓に負担がかかるとして危険性が訴えられているという点も知っておかなければいけないでしょう。

 

血圧が急激に下がったり、髪の毛以外の体毛が非常に濃くなる多毛症になってしまったり、吹き出物や頭皮荒れによる大量のフケ、性的不能や性欲の減退などがあります。