AGAの症状はどんなもの?

MENU

AGAの症状はどんなもの?

「抜け毛が多くなってきた」「なんとなく頭髪が薄くなった気がする」という場合でも、自分がAGAかどうかはわかりませんよね。AGAは髪がミニチュア化する病気とも言われますが、どのような症状で、どのようにして進行していくのでしょうか。

 

まず、AGAが一般的に症状として現れる場合、髪の毛の生え際がだんだん後退し、額の面積が広くなるということがあります。また、額ではなく頭頂部から薄くなっていくという現象もあります。

 

髪の毛がこうした変化をするのは、早い人では20代の前半から、35歳までには全体の40%ほどの人がなんらかの変化を感じるようです。もっと早いケースとしては、10代から症状が現れる場合もあります。

 

AGAはなぜ起こるのか、原因は遺伝説が最も強いです。

 

男性ホルモンの影響も大きいのですが、遺伝的にそうした体質を受け継いでいる場合、早い段階から進行を遅らせたり、発症を抑える治療をすることで、育毛出来る頭皮環境を作る事が出来ます。

 

薄毛は早期治療が一番の特効薬ですから、気になり始めた時にすぐにケアを始めるのが重要です。

 

AGAが進行すると、通常髪の毛の成長が始まってから2年から6年の成長期を迎えるところ、なんと数ヶ月から1年の短期間で退行期へ以降してしまいます。

 

長い年月をかけて成長するはずの髪の毛が、ほとんど成長する間もなく抜け落ちてしまうために、髪の毛のミニチュア化が進むと言われています。

 

要因にはさまざまなことが考えられますが、頭皮で起こっているのはこの短いサイクルということで間違いはありません。後は、このようなサイクルを生み出してしまった原因を一人ひとり突き止めるしかありません。

 

AGAは、起こり始めるとどんどん進行し、海外のデータでは約5年の間に急激に頭髪の本数を減らしていきます。通常ならその5年の間は生えていたはずの髪の毛が、あっという間に抜け落ちてしまうわけですから本数の激減は至極当然の結果ということになってしまいます。

 

脱毛部の頭皮に原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が高濃度に感知出来る場合、AGAと断定出来ます。