フィナステリド通販

MENU

AGA治療薬のフィナステリド錠で復活!

★うわっなんだコレ…どんどんハゲていく・・・

 

AGA(男性型脱毛症)はマジでやばいです。私の友人に3ヵ月置きくらいにあっている人がいますが、会うたびに恐ろしいくらいハゲが進行しています。たった1年でここまでいっちゃう?というくらい凄いハゲの進行が速く1年で別人になるくらいです。

 

その友人も最初の頃は、色々と育毛剤使ったり、ホホバオイルがハゲにいいからホホバオイルのシャンプーに変えたんだよと笑いながら話ししていました。(※この頃はまだ余裕があった)

 

だけどAGAだとそういうのは全く効果ないんですよね。
案の定、何をやってもハゲの進行が止まらずにヤバイ状況になっていました。

 

所がある時急にハゲなくなって、見るからに髪の毛が増えていました。

 

コイツかつらでも被ったんか?と思うほどの変わりようだったので、何をしたのか聞いたら、
フィナステリド錠を飲んでミノキシジルを使っているとの事。

 

フィナステリド錠とかミノキシジルとかいきなり言われても訳分からないと思うので少し解説。

 

そもそもAGA(男性型脱毛症)とは?

おもに思春期以降の男性に引き起こされる脱毛の状態のことを男性型脱毛症(AGA)といいます。女性にも起こることがあり、その場合には女性男性型脱毛症(FAGA)といわれます。

 

男性の場合とは異なり、生え際が後退することはなく、全体的に髪の毛が細くなるのが特徴。遺伝により引き起こされる事があるほか、男性ホルモンが原因となって引き起こされます。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンにより髪の毛の成長期が短くなり、十分に成長する前に抜け落ちてしまうのです。また、適切に対処しなければドンドンと薄毛が進行していくのが厄介なところです。

 

フィナステリド錠というのは、その男性型脱毛症(AGA)の治療薬の事です。
(※フィナステリドというのは治療薬に配合されている成分名です。)

 

フィナステリド錠には色々と種類がある

一口にフィナステリド錠といっても、複数の種類があります。ここでは現在のところ取り扱われているフィナステリド錠を紹介しますので、参考情報としてお役立てください。

 

国内で承認されているフィナステリド錠

日本で承認を受けているフィナステリド錠は、いまのところプロペシアのみとなります。
MSD株式会社が開発したもので、フィナステリドが1mg配合されています。

 

ほかにも国内で承認はされていないものの、ジェネリック医薬品でないものとしてプロスカーを挙げることができます。こちらはアメリカのメルク社が開発したもので、5mgのフィナステリドが配合されているのが特徴です。

 

ただ、この量だとフィナステリドの摂り過ぎになり、副作用を引き起こす危険性が増すため、使用時にはピルカッターで分割することになります。

 

ジェネリック医薬品のフィナステリド錠

正規品と比較して安く購入可能なジェネリック医薬品ですが、複数の種類があります。

 

フィナステリド錠のジェネリックで有名なのがフィンペシア、エフペシア、フィンカーという商品で、いずれもインドのシプラ社から発売されたものです。フィンペシアには1mg、エフペシアにも1mg、フィンカーには5mgのフィナステリドが配合されています。

 

フィンカー以外のフィナステリド配合量は一緒ですが、フィンペシアには着色剤のキノリンイエローが含まれています。キノリンイエローに関しては発がん性があるなど、長期的に摂取すると人体に悪影響が及ぶという説があるため注意が必要です。

 

つまりフィンペシアはあまりお勧めできませんって事ですね
(※今ではキノリンイエローが入っていない新タイプが登場してました)

 

また、フィンカーに関しても1錠をそのまま摂ると過剰摂取になってしまいますので、ピルカッターを使用して分割後、服用する必要があります。

 

ジェネリック医薬品とは?

後発医薬品とも呼ばれており、開発のための費用がかかっていないぶん、前述したように正規品より安価で購入することが可能です。フィナステリド錠の配合量に違いはないため、薬の種類にもよりますが、効果で劣っているわけではありません。

 

良く分からない人の為にプロペシアとフィンステリドをおさらい
  • プロペシアやエフペシアなど⇒AGA治療薬の商品名
  • フィナステリド⇒プロペシアなどに入っている成分名

 

まとめるとフィナステリドは成分名、プロペシアは商品名のことなのです。フィナステリド錠という場合、フィナステリドが含まれている商品の総称だと認識しておくと、混乱しないで済むでしょう。

 

フィナステリド錠の購入方法

フィナステリド錠が欲しい場合、日本の場合は2種類の方法から選択することになります。
一つは病院やクリニックなど医療機関で処方してもらう方法、もう一つは個人輸入する方法です。

 

医療機関で処方してもらう場合には、皮膚科やAGA専門の治療院に行くことになります。
そして個人輸入の場合には代行業者を利用することになるのが一般的です。

 

個人輸入の場合には海外製のフィナステリド錠の購入が可能なほか、ジェネリックのフィナステリド錠を買い求めることも可能となっています。

 

★通販で購入するのも病院で貰うのも結局同じ

 

AGA専門の治療院に行ってもプロペシアしか出してもらえないですし、そもそもハゲの病院なんか、できれば行きたくないですよね。

 

薬も高いですし、治療費もかかるし・・・そこで多くの人は個人輸入の通販サイトで薬を購入しています。要は病院に行っても結局同じ薬での治療なんだから自分で薬を買っちゃえばいいじゃんって話です。

 

私の友人の場合も個人輸入の通販サイトでプロペシアとミノキシジルを購入して併用を始めた所、
約3か月で見違えるような復活を遂げました。

 

AGA(男性型脱毛症)ってのは、育毛シャンプーに変えてみたとか、その辺で買った育毛剤を毎日使っているとか、そんなケアをしても全く意味がないですからタチが悪いですよね。AGAのハゲを治したいなら本当にAGA治療薬一択なんですよね。

 

俳優の温水さんクラスに薄毛が進行しちゃっている方でもなんとかなります。

 

 

 

薄毛を治す為にアナタがするべき事はたった二つ
  • フィナステリド錠(AGA治療の飲み薬)をちゃんと飲む事。(プロペシアとかエフぺシアとか)
  • ミノキシジル(発毛効果のある育毛剤)を頭皮に塗布する。

 

たったこれだけでOK。あんまり進行してからだと厳しくなってくる(※しかも進行が早い)ので、なるべく早くにケアを始めるようにした方が良いです。

 

↓フィナステリド錠などAGA治療薬はココ


フィナステリド錠(AGA治療薬)一覧

AGA治療薬(飲み薬)

日本でも承認されている定番のフィナステリド錠

プロペシアは日本国内でも承認されていて、病院に行っても処方されるのがプロペシアです。全世界で使われている最もメジャーなAGA治療薬になっています。1日1錠を毎日飲むだけだから自宅で誰でも薄毛治療が開始できます。

価格

アメリカ版(1箱28錠):5,790円(税込)
ニュージーランド版(1箱28錠):5,790円(税込)
(※2015年6月現在の値段(価格は変動します))

プロペシアのジェネリック医薬品で価格が安い

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品でとても人気の商品。キノリンイエローの問題がありましたが、最新のフィンペシアではこのキノリンイエローが入っていないバージョンになっているので、安心して使えるようになりました。

価格

1箱30錠:2,240円(税込)
1箱100錠:3,247円(税込)
(※2015年6月現在の値段(価格は変動します))

フィナステリド5mg配合したAGA治療薬

プロスカーはフィナステリド5mgを配合したAGA治療薬。プロペシアなどは1mgですがコレは5mg配合なのでピルカッターなどで分割して利用する事で大幅にコストパフォーマンスが良くなります。プロスカーは正規品でジェネリック医薬品としてはフィンカーがあります。

価格

1箱30錠:3,377円(税込)
(※2015年6月現在の値段(価格は変動します))

AGA治療薬(外用薬・頭皮に塗布する育毛剤)

ミノキシジル5%配合の育毛剤

ロゲインは発毛効果のあるミノキシジルを5%配合したアメリカ産の育毛剤。毎日朝と夜の2回(1回1ml程度)を髪の薄い頭皮に塗布してマッサージします。医薬品で最も効果のある育毛剤です。男性は5%、女性の方は2%配合のものを選びましょう

価格

2本セット(1本60ml×2):6,294円(税込)
(※2015年6月現在の値段(価格は変動します))

ロゲインのジェネリックなのがカークランド

カークランドはロゲインのジェネリック品になっています。ジェネリック医薬品なのでロゲインと比べるとかなり安くなっています。こちらもロゲイン同様ミノキシジル5%配合なので効果も使い方も変わりません。コストをかけたくないならこちらがおすすめ。

価格

2本セット(1本60ml×2):3,738円(税込)
(※2015年6月現在の値段(価格は変動します))

ミノキシジル15%と高濃度に配合した育毛剤

ポラリスNR-09は最近凄い人気になっている医薬品の育毛剤。ミノキシジル15%と高濃度配合。他にも育毛効果を促進させる成分も同時に入っているのが特徴。頭頂部全体に広がった薄毛にもM字ハゲなど生え際の薄毛にも高い効果を発揮します。

価格

1本セット(60ml):4,940円(税込)
(※2015年6月現在の値段(価格は変動します))

フィナステリド錠の使い方

フィナステリド錠は薬のため、用法用量を守って正しく服用しなければいけません。

 

一定の量を毎日継続する事が大事です。フィナステリド錠の使用上の注意点について取り上げますので、これから購入しようと思っている人は目を通してください。

 

フィナステリド錠は1日にどれだけ服用すればいい?

フィナステリド錠は1日に1錠服用するのが基本です。
仮にこれより多く飲んだとしても、効果が増すようなことはありません。

 

多く摂り過ぎると副作用を引き起こすリスクが増大するだけですのでやめておきましょう。

 

正しい飲み方は?

水と共に飲むのが適切です。

 

飲むタイミングは?

フィナステリド錠は食事を摂る前に服用してもいいですし、食事を済ませたあとに服用しても大丈夫です。

 

勝手にやめてもいい?

医療機関で処方されたフィナステリド錠を自己判断でやめてしまうと、治療の妨げになってしまいます。服用をストップすると再び抜け毛や薄毛が進行するため、医師の判断にしたがってください。副作用がヒドイ場合は仕方がないですが、基本的には最低でも数か月間は使用を続けていく必要があります。

 

5mgのフィナステリド錠の使い方は?

1mgのフィナステリド錠は1日1錠服用しますが、5mgのフィナステリド錠の場合、1錠服用すると過剰摂取になってしまいます。したがって、ピルカッターを使用してなるべく5分の1サイズに近い大きさに分割し、1日にひとかけずつ服用していくとよいでしょう。

 

なお、フィナステリド錠を分割する際には、女性の肌に触れたり、誤って飲んだりすることがないようにしてください。仮に女性が服用したり、皮膚から成分が取り込まれた場合、胎児の生殖器異常が引き起こされるリスクがあります。

 

副作用が出たらどうしたらいい?

フィナステリド錠服用により副作用が起こる可能性は低く、研究結果でもわずかな人にしか起こらなかったことが明らかになっています。

 

また、副作用が起こっても症状は軽く、服用をやめると回復するのが一般的です。ただ、おかしいと感じる症状があり、よくならないようであれば医師に相談し適切な対応をしてもらいましょう。